交通事故に遭ったら | とんとん交通事故治療HP-交通事故の治療に特化した施術ができるとんとん整骨院

とんとん整骨院

交通事故に遭ったら

交通事故に遭った後の流れ

警察を呼ぶ

1警察を呼ぶ

交通事故証明がないと、保険金が支払われません!

事故と相手の情報確認

2事故と相手の情報確認

現場の写メや相手の連絡先は細かく確認しましょう

自分の保険会社へ電話

3自分の保険会社へ電話

手続きに漏れのないよう事故に遭った旨を伝えます

痛みや違和感があるなら
とんとん整骨院へ電話相談

4とんとん整骨院へ電話相談

とんとん整骨院へ来院

5とんとん整骨院へ来院

詳しく症状を把握するための問診と、とんとん独自の検査を行います。

病院で診断書をもらう

6病院で診断書をもらう

診断書があると整骨院での通院がスムーズです

加害者側の保険会社と電話

7加害者側の保険会社と電話

とんとんで治療を受けたいとお伝えください

とんとんで治療開始

自賠責保険が使えなくなってしまわないように…気を付ける2つのポイント

事故を起こしたら、まず警察を呼んで、現場検証が必要になります。
この現場検証が終わらないと【事故証明】が取れないため、交通事故が起きた証拠がなく、自賠責保険を使うことができません。
さらに、交通事故(人身事故)でのケガは第三者行為にあたるため、健康保険も使うことができません。
事故証明が取れず、そのせいで自賠責保険が使えなければ、自費治療になってしまうのです。

事故を起こしても、その場で痛みが無かったり、車の損傷が軽度だったり、急いでいたりすると
「警察呼ぶのめんどくさいし…時間もないし、今回はいいですよ!」
と、軽く流してしまうケースも見受けられます。
そしてさらに、その場で症状は出なくても、あとあと症状が出てくることが非常に多いのです…。

警察を呼ぶのを忘れてしまっても、後日事故証明を取ることは手続き上は可能ですが、非常に難しいといえます。
事故から期間が経ってから事故証明を取ろうと思った場合、まず警察に通報し「〇月〇日に〇〇で事故を起こしてしまった」と伝えます。
その後、事故を起こした相手に連絡して、警察と一緒に現場検証をする必要があります。
その際、相手の連絡先が分からなければ現場検証ができません。その場合「ひき逃げ」として警察が捜査をしなければなりませんが、見つけることはほぼ不可能です。解決できない事件の捜査に、警察もそこまで熱心に動いてはくれません。
このようなことにならないよう、ポイントは事故が起きたら



①すぐに警察を呼ぶ
②事故証明を取る

この2つは必ず行いましょう!!